あなたにあった個性豊かなメガネをご提案・ご提供…

メガネ・時計修理ならあなたの町のメガネ工房アイオイ

神戸市中央区相生町5-17-12-103
TEL 078-371-8668
特定商取引法 お問い合せ
ページイメージ
シニア・アイQ&A
だれでもいつかは・・・目の老化の始まりは「老眼」
シニア・アイ(老眼)とはなにか??
必ず医療機関で検査を受けて作りましょう
最近は100円ショップでも老眼鏡が売られ、医療機関以外で眼鏡を作る人が増えていま す。眼鏡やコンタクトレンズは医療用具です。トラブルを防ぐためにも、必ず眼科専門の 医療機器で検査を受け、処方せんをもって眼鏡店に行って作ってもらいましょう。
近眼の人は老眼になりにくいってホント?
老眼を自覚するのが遅いという事はあります
老眼は、遠視、近視の人間を問わず、加齢によって水晶体がかたくなって厚みを増すため に、近くにピントを合わせる力が弱くなってくることで起こります。ただ、近視の人はも ともと近くにピントが合っているので、眼鏡を外せば近くのものがよく見えることがあり、 老眼を自覚するのが少し遅いかもしれません。
老眼鏡をかけるとどんどん度数が進むって聞いたけど・・・
老眼のいちばんの対処法は老眼鏡です
個人差はありますが、一般に老眼は42~45歳くらいから始まり、60歳くらいまで自 然に少しずつ進んでいきます。老眼の見えにくさを解消する一番の方法は老眼鏡をかける ことです。老眼鏡をかけることで度が進むという事はありません。
老眼鏡をかけるタイミングは?
新聞の文字が読みにくくなったら検査してみましょう
老眼鏡をかけることをためらうのは「老眼をみとめたくない」「老けて見える」という理 由が多いようですが、見えにくさを我慢していると、目が疲れるだけでなく、眼精疲労か ら、肩こりや頭痛の原因に。最近は老眼鏡と呼ばずに「キャリアグラス」や「シニアグラス」 といった呼び名で、おしゃれなデザインのものも出ていますので、新聞や読書など日常の 生活習慣に不自由を感じたら、早めにかけたほうがいいでしょう。
お問い合わせはこちら